子育てパパにとっての理想の公園とは?

私は二児の父なので、休みの日はよく子どもを連れて公園に遊びに行きます。

いつも同じ公園だと飽きてしまうので、事前にいろいろ検索して、新しい公園をどんどん開拓していきました。

今は家の近所の半径2kmくらいの公園はほぼ網羅した気がします。そういうところは、マメなんです(笑)

今日はそんな私が考える子ども(2-3歳くらい)と楽しく遊べる公園についてのお話です。

やっぱり遊具がないとね!

子育て目線を抜きにして、個人的に好きなのはロンドンのハイドパークみたいな、基本的に広大な原っぱがずーっと続いていて、適当に寝そべって話すようなところ。

日本だと新宿御苑とかいいですよね。

しかし、もちろん子どもは原っぱだけでは早々と飽きてしまいます。そう、大事なのはインフラなんです。

どんな遊具があるのかによって、公園に着いて自転車から降りたときの子どものテンションの上がり具合が全然違うんですよね(笑)

ボルダリングみたいによじ登って遊ぶ滑り台だったり、ターザンロープだったり、最近の公園はアスレチック的な遊具がほんとに充実してます。

子どもに人気ナンバーワンの遊具は?

 公園の遊具で、これまでいちばんうちの子がテンション上がってたのは、ローラー滑り台。

秩父にミューズパークという大きな公園があって、そこの名物が巨大ローラー滑り台なんです。

マンション3階くらいの高さからすべり降りるんですが、大人の私(高所恐怖症)はドキドキなんですが、子どもは楽しくてしょうがない様子。

よその子といつのまにか仲良くなっていて、一緒に滑ろうよ!とはしゃぎ回っていました。

実際に行こうかな、という方は必ずお尻に敷く段ボールを持参することをお勧めします。じかにお尻で滑るとローラの振動がお肌にそうとうキツイので(笑)

他にも公園内でレンタサイクルがあったり、プールがあったりして、一日中楽しめます。2-3歳児のママパパには、本気でおススメです。

都内に住んでると、秩父って絶妙にいい距離感なんですよね。車で行っても1時間ちょいで着いちゃうし。

都内近郊で一番のおすすめ公園は?

なんだか秩父の宣伝みたいになってきました。都内に話を戻しましょう。

私の活動範囲の中で理想と言える公園は・・・実は井の頭動物園の中にある公園。

当たり前のことですが、動物園の中にありますので入場料が必要です。

でもちょっとお金を払うだけで(大人は一人400円)、車や自転車を気にせず、2−3歳児を(ある程度)自由に放っておける環境が手に入ります。

街中の公園だと、子どもが公園から道路に飛び出さないかとか、けっこう気を抜けないですよね。そんな緊張感から解放されるので、親もだいぶリラックスできます。

メインは動物園ですが、公園と小さな遊園地がセットになっているので、子どもにとってはまさに天国。

売店も充実してますので、パパもこっそりビールなんか飲んじゃったりするとみんながハッピー(笑)

ちなみに我が家は年間パスポートを買ってるので、行けば行くほど得になるという感じです。

何時に行くと空いているの?

さて、この公園なんですが混んでる時間に行ってしまうと、ちびっこが多すぎて通勤ラッシュの中央線状態。

5−6歳の子がたくさん走り回っていると、2−3歳児はなかなか楽しめません。

そこで、行く時間帯に工夫が必要なんです。

井の頭動物園の開園時間は夕方5時までで、最終入園は夕方4時までというルールがあります。

このラスト1時間が狙い目。日曜日でも15時半頃に入園するとだいぶ人は減ってきています。

さらに16時を過ぎると園内にもうすぐ閉園ですよ、とアナウンスが流れ、子連れのファミリーはぞくぞくと帰路へ。

昼から来ている子供たちも全体的に疲れてくるので、あれほど混んでいた公園も今はガラガラ。貸し切り状態で楽しめるというわけです。

とうことで、このブログは時に子育て情報ブログにもなるんです(笑)是非ご参考に。

スポンサーリンク
M
M

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
M